第3回一斉ヒーリング後… “それ”はすることになっている。

2015-07-11

純粋に……純粋に……

ただひたすら純粋に……
あなたを生きよ。

あなたはあなたであればいい。

“それ”はすることになっていた。
そうなることになっていた。

“それ”はすることになっている。
そう なるようになっている。

数分も 数秒の狂いもなく…
“それら”は ただ起きている。

やって来ている。

だから、そのままでいい。

そのまんま生きればいい。

それが、“今を生きる”ということ。

それが、手を放すということ。

—–

至るところに、愛はある。
転がっている。

“そういう目”で見れば、愛は至るところに在る。

「することになっていること」は
必ずすることになる。

だから、そのまんま生きていればいい。

そのうちやって来る。
必ずやって来る。

“それ”は、もうすでに起きている。

あなたは、つかもうとする必要はない。

つかもうとするとき、“それ”は逃げる。

つかもうとするとき、カラダに力が入る。
力が入るので、機を逃す。機を見失う。

ゆるんでいるとよいよ。
ゆるめておくとよいよ。

ひとつだけ、あなたが今ここで
“しなければならないこと”があるとすれば、
それは「ゆるめること」。

ゆるんでいること。

ゆるんでいるとよい。

くつろいでいるとよい。

すると、すべては与えられる。

“力”が入っていることに気づいているとよい。
気づいていれば、大丈夫。

「あ、いまここに力が入っている」
「わたしは、今ここに、力を入れた」
…それに気づいていればいい。

—–

愛は素粒子である。

いちばん小さな小さな粒子。

しかし、すべてを包括している。

すべてがそこに在る。

すべてがそこに在るので、「愛でないもの」はない。

“それ”は、もうすでに起きている。

その世界(エネルギー)に入れば、
その世界に在れば、
“それ”は、もうすでに起きている。

すべてを愛しています。

すべてが、愛です。

*2015.6.17 ブログ記事より*

プロフィール_コンセプト

Copyright© 2014 ことことカフェ All Rigfts Reserved.