「真姿(ますがた)」とは?

「真姿(ますがた)」とは、お一人お一人がもともと持っている本質・天性・パワーのことです。

“本来のあなた”のこと=すべてと一体で“在る” 自由で創造的な本質・個性です。

t02200391_0540096013182523654

私たちは、心と身体の波長をととのえていくことで、
“真姿”がどんどんあらわれるようになり、
自分の本質・天性を活かしていくことができるようになります。

からだには、頭のてっぺんから背骨に沿ってまっすぐに
“氣(エネルギー)”が流れる“光の柱”が、 どなたにもあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、この“光の柱”がとてもクリーンで
自分本来の“氣(エネルギー)”で満ちています。

赤ちゃんは「ただそこに在る」だけで、
その赤ちゃん本来の光(氣・波動)によって 生かされています。

赤ちゃんが、笑っても泣いても、おしっこをしても、ありのまんまゆるされ、
みんなが集まってきて、いきいきとした姿を見て笑顔になってしまう。
ただ愛のかたまりとして、命を輝かせて生きている。

これが「真姿で生きる」ということ。

赤ちゃんのときには、誰もが真姿で生きることができていたのですね。

 

子どもは成長するにつれ、両親や家族、先生や友だちなど周りの人たちと触れあいながら
社会性を学び、人との付き合い方を学んでいきます。

そのなかで、家族・社会のなかでの“常識”や“正しいこと”、
人々がもっている固定観念やその時代の社会通念などの影響をうけ、
「わたしはありのままでいてはいけない」と思わされることがあると、
その人のありのままの本質や天性(真姿)は、
少しずつ深いところへもぐっていくようになります。

私たちが「自分らしくしあわせに生きたい」と思うのであれば、
「自分の本来のもの(真姿)」とはちがうもの(部分)を、
どんどん剥がしていけばいいのですね。

自分の本質ではないものを、玉ねぎの皮をむいていくように剥がしていくことによって、
人は本来の質を取り戻していくことができます。

こうして剥がしていくことを「浄化」と言ったりしますが、
「純化」という言葉のほうがぴったりではないかと思うようになりました。

私たちが「真姿に戻る」ということは、自分本来の輝きに戻っていくこと=純化なのです。

o0480064013067240176このように、お一人お一人の本質・特性…
社会の中での担当部署・得意分野のようなものを
「真姿」と呼んでいるのですが、
どなたにも共通した、もう一つの意味合いがあります。

「真姿」とは、大いなる源(宇宙)の愛のエネルギーと
いつもつながっている=一体となっている(波長が合っている)姿、
「ただ在る」ということです。
*「大いなる源」についての解説は、こちらをご覧ください。

私たちはいつでも大きな愛と共に在り、
ありのまんまで存在する価値があります。
どのような個性・質を持っている人も、
平等に存在する価値があるのです。

究極を言えば、このことが、どなたにも共通する「真姿」ではないかと思います。

そうして考えてみると、私たちにとって「浄化しなければならないこと」や
「ヒーリングしなければならないこと」などは、 本当は何もないよねということなんです。

ましてや、穢れや罪など「清めなければいけないもの」を背負って生まれてくる人も、
一人もいないのです。

どんな人も、本当は何の問題もないので、
「何か改めなければならないこと」や「否定すること」なども何一つありません。
ただ肯定するだけでOKなんですね。

ひたすら認め、肯定し、愛するだけでいい。

どなたも、ただ「真姿そのものの光」として生まれてきて「ただそうで在る」愛の存在だから。

o0480064013021443493

そのことを受け容れたら、あとは、生まれてから
たくさんの年月をかけてくっつけてしまった
「埃」や「アカ」「膜」のようなものを落としたり、
いつのまにか設定されてしまった制限や「枠」をどんどん外していけばいいだけ、なのですね。

これらは、純粋無垢な「真姿の光」を護るための
「保護膜」のようなものなので、そのときそのときで
すべて必要なものだったから付けてきました。

保護膜や枠があることがいけないことではないので、
必要なものはいくらでも付けていてよいし、
それらもすべて、そのまんまでOKなのだと思います。

あなたが「もう保護膜は要らない」「わたしはわたしの真姿のまんま生きたい!」と
思えるようになったときには、少しずつそぎ落として手放していけばよいと思います。

この純化のためには、さまざまなツールがあるので、
ご自分がぴったりなツールを見つけるのがいちばんだと思います。

「真姿で生きる」とは、「大いなる源の無限大(∞)の愛と共に在る」ことで、
「ただ在る」という感覚・体感を得ながら
「ただ在ることの幸せ」を日常的に毎日感じながら生きることです。

何か特別なことをしたり、理想や目標とする結果を出したら得られるものではなく、
私たちは誰もが「いまここ」で、すでに「真姿そのもので在る」存在なのです。

そのことを知って、深く理解していると、
人生の軽やかさ・心地よさ・自由度がひろがっていきます。

o0640048012951467449

ことことカフェの個人セッションや講座では、「真姿に戻る」ためのサポートを
させていただいています。
「こうしたい!」と想ったときが“最善のタイミング”!

あなたの真姿=存在そのものの愛と価値を感じてもらえるような、
「真姿セッション」や「源と大いなる私が出会うお話会」などもご用意しています。

興味をもってくださいましたら、ぜひお話をしにきてくださいね。

*「真姿」につながるメニューは、こちらをご覧ください。
*「真姿で∞しあわせに生きるお話会」はこちらをご覧ください。


Copyright© 2014 ことことカフェ All Rigfts Reserved.